忍者ブログ
ヒーラーを目指すワーキングマザーの、日々のつぶやき
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/12 ヤマダ課長]
[09/05 むらた]
[09/01 むらた]
[07/10 Yoko]
[07/10 たましゃん]
最新TB
プロフィール
HN:
Yoko
性別:
非公開
職業:
ワーキングママ、ホメオパスの卵
趣味:
ホメオパシー、エネルギーヒーリング
自己紹介:
ホメオパスの卵・ヒーラーを目指して目下勉強中!
今の本職は、メーカーの企画をやっているワーキングマザー。子供はこねこ(3歳・女の子)といいます。
British Institute of Homeopathyのコースで基礎を学びつつ、Dr.Rajan Sankaran、渡辺奈津先生へ師事。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
おすすめBOOKS
ホメオパシーを始めてみたい方に、お薦めの本はこちらから!
メールボックス
お問い合わせはこちらからどうぞ・・・
忍者ポイント広告
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は、仕事&お迎えのあと、友人へのセッションのため出かけました。

彼女は、2ヶ月前に初回のセッションをしてレメディを渡し、今日は最初のフォローアップ。

調子はどう?と聞くと、
自分が大きく変わった実感がある、生活がうんと楽になった、と言ってくれました。

そして、
ホメオパシーって、こんなに早く効果があるの?
レメディを摂って、1週間も経たないうちに、自分が楽になったのよ、と。

ホメオパシーのセッションを受け、選ばれたレメディを摂ると
一番大きな変化は、やはり自分の内面に現れます。
それまで、自分が知らずにこだわっていたこと、
ほとんど強迫観念のように縛られていたこと、
自分自身で作っていた壁、
そのようなものから、自然と解放され、
楽に、バランスよく生きられるようになっていきます。

彼女の場合は、初回のセッションで、自分が何を求めていて、
そのことにどんなにとらわれていたかを気付きました。
そして、今日のフォローアップでもまた更に、自分が今何を求めていて
どういう風に変わっていっているかに、気が付いていました。

ホメオパシーのセッションは、クライアントさんの内面を旅する、
それをホメオパスが補佐して、一緒に観察する作業です。
この、「自分の内面を旅する」作業は、普段なかなかできないけれど、
やってみると、本当に自分が変わっていく、それを実感できる、感動的な旅です。

セッションのあと、一緒に食事をしながら、
ホメオパシーの、この自分に気付く効果ってすごいね。
これを、たくさんの人が受けたら、みんなもっと楽に生きられるよね。
と、話をしました。

会社や、毎日の家事・育児で頑張って、でもちょっとしんどいたくさんの人が
もっと楽しく、もっと幸せに毎日の仕事をこなして、
もっともっと幸せに生きていけるように、
自分で自分の身体をもっといたわってあげられるように、
そういうふうになって欲しい、と、私はヒーラーとしての活動を開始しました。

ちょっと、苦しいな、と思う事がある方、
良かったら、ぜひ、ホメオパシーセッションのモニターさんにお問い合わせくださいね。

☆☆お知らせ☆☆

ホメオパシーセッションのモニターさんを募集します。

初回 20000円 ⇒ 10000円 (2時間~2時間半)
2回目以降 10000円 ⇒ 8000円 (約1時間)
(レメディ代、メールでの途中フォローアップ込み)
期間限定です。

場所は、東京都目黒区内の会議室を予定しています。
今のところ、
水曜日 18:30~
土・日・祝日 10:00~、 13:30~
の受付のみとなります。
右の「メールボックス」からお問い合わせください。

*お子様についてはお問い合わせください。

クラシカルホメオパシーの最先端、サンカランメソッドによるセッションになります。
1~2ヶ月あけて、次のセッションに来ていただくことで、より深い治癒がもたらされます。
(1回でも効果があることも多いですが、状態の変化を確認し、より良い経過をたどるには、何回か続けて受けていただくことが望ましいです。)
最低3回程度セッションを受けていただける方をモニターの条件とさせていただきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Photo by RainDrop
RainDrop 忍者ブログ [PR]