忍者ブログ
ヒーラーを目指すワーキングマザーの、日々のつぶやき
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/12 ヤマダ課長]
[09/05 むらた]
[09/01 むらた]
[07/10 Yoko]
[07/10 たましゃん]
最新TB
プロフィール
HN:
Yoko
性別:
非公開
職業:
ワーキングママ、ホメオパスの卵
趣味:
ホメオパシー、エネルギーヒーリング
自己紹介:
ホメオパスの卵・ヒーラーを目指して目下勉強中!
今の本職は、メーカーの企画をやっているワーキングマザー。子供はこねこ(3歳・女の子)といいます。
British Institute of Homeopathyのコースで基礎を学びつつ、Dr.Rajan Sankaran、渡辺奈津先生へ師事。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
おすすめBOOKS
ホメオパシーを始めてみたい方に、お薦めの本はこちらから!
メールボックス
お問い合わせはこちらからどうぞ・・・
忍者ポイント広告
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ホメオパシーセッションを受け付けております。

ホメオパシーセッションは、
いつもある体調不良・心の疲れから、本当に健康になり、自分が変わりたい、と思うクライアントさんについて
ホメオパスがじっくりとお話を聞くことで、その方にぴったりと合う、レメディと呼ばれる治癒薬を見つけます。
そのレメディは、自己治癒力を呼び覚まし、その方のあらゆる不調が回復するように働きかけます。
レメディという砂糖球を一つなめるだけで、他に継続的にクライアントさんが行うことはないことも特徴です。

*ホメオパシーセッションは、医療行為やそれに替わるものではありません。また、レメディは医薬品ではありません。
病気の診察・診断を望む方は、まずは医療機関にかかることをお薦めします。

☆所要時間☆
初回 2時間~2時間半
2回目以降 1時間程度

☆セッションの回数について☆
1~2ヶ月に1回程度、行うのが望ましいです。
不調の程度・内容にもよりますが、3回程度で終了になる方、
もう少しかかる方、いろいろです。
状態によって、必要となるセッション頻度も変わります。

☆セッション料金☆
初回 20000円 ⇒ 10000円
2回目以降 10000円 ⇒ 8000円
(レメディ代、メールでのフォローアップ込み)
*ただいまモニター料金で受けていただけます

☆セッションの場所☆
東京都目黒区内会議室
または、ご自宅に伺うこともできます。
ご自宅に伺う場合は、交通費実費+出張費3000円が別途かかります。

☆セッションの流れ☆
最初にガイダンス・コンサルテーションを行い、セッションの進め方について決定します。
クライアントさんと1対1、または付き添いの方と一緒に、
ホメオパスの質問に答えていただきます。
質問はさまざまなことに及ぶ場合がありますが、
(病気とは一見関係ないこともたくさん聞きます)
それらは全て「あなた」がどんな人間か、を詳しく知るためであります。
質問で答えていただいた内容については、一切外部に公表されることはありません。

質問の答え全てをホメオパスが検討し、クライアントさんへのレメディを決定します。
レメディは、セッション後1週間程度で郵送いたします。

レメディが届いたら、指示通りにレメディを摂って頂き、心身への変化について定期的にホメオパスに報告していただきます。

☆セッション受付日時☆
現在のところ、
水曜日 18:30~
土・日・祝日 10:30~、 13:30~
のみの受付となります。
(時間の前後はご相談ください)

☆セッションお申し込み方法☆
このページ右下の「メールボックス」よりお申し込みください。
折り返しメールにてご連絡いたします。

☆ホメオパスプロフィール☆
Yoko
慶應義塾大学大学院 理工学研究科修了
大手メーカー勤務
3歳の子供を持つワーキングマザー
妊娠・出産を機にホメオパシーと出会い、
健康な育児、ママのサポートにホメオパシーが必要と感じ、ホメオパスになることを決意。
独学+British Institute of Homeopathyのディプロマコース、Rajan Sankaranセミナーなどの多数のセミナー・ワークショップでホメオパシーを学ぶ。

現在、ホメオパシーの他にもさまざまなヒーリングを勉強中。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Photo by RainDrop
RainDrop 忍者ブログ [PR]